Wednesday, October 17, 2018

【期間限定30日無料】会話式接客広告ボットで売上増加サービスのChatBook、設立2周年を記念したキャンペーン開始

10月17日〜12月21日までの申込みで、30日間利用手数料0円でChatBookが利用可能に!


設立2周年の当社(本社:東京都港区/ 代表取締役:小島舞子)のサービス「ChatBook」が、期間限定お申込みで「ライトプラン」を30日無料提供することをお知らせいたします。
Facebook広告からの流入を会話で売上に変えるMessengerボットサービス「ChatBook」は、2018年2月から導入を公開して以来、幅広い業界でご利用いただいております。この度は株式会社チャットブックの法人設立2周年記念に合わせて、2018年12月21日までにお申し込みいただいた新規のお客様に、30日間ChatBookを無料でご利用いただけるキャンペーンを設けました。(キャンペーンURL:https://chatbook.ai/jp/freetrial)

チャットブックが2周年記念を実現できたのも、日頃から企業様・利用者様含めチャットブックに関わってくださっているみなさまのおかげです。心より感謝申し上げます。今後ともよろしくお願いいたします。


■キャンペーン概要
ChatBookを未契約の企業様限定の30日無料で「ライトプラン(100,000円)」がご利用できるキャンペーンになります。
今回のキャンペーンに適用される「ライトプラン」でできること
・複数のテンプレートを使ったチャットボットの作成
・ワンボタンでFacebookページ連携
・コピペでのFacebook広告との連携
・チームの招待機能(3ユーザーアカウントまで)
・回答ユーザー数300件
・最近実装されたSalesforceとの連携


■主な導入企業について

※下記は導入企業の一例です。
・人材:大手転職マッチングプラットフォーム、就職活動の支援を行う人材企業、若手人材に特化した就職マッチングプラットフォーム、若者の転職を誘致するプラットフォームを運営する行政
・不動産:新築分譲住宅販売の不動産
・IT企業:インサイドセールスチームができているスタートアップ、複数のITサービスを運営するWeb/広告販売企業
・士業:スタートアップに特化した行政書士
・飲食:数千名規模の大手飲食チェーン店、大手飲料販売企業
・イベント:大手フランチャイズ系のサービスを運用する大手人材企業、海外大手イベント企業
・広告代理店:オンライン広告に強い広告代理店
・メディア企業:大手新聞社、海外大手メディア、大手企業が運営する最新技術に特化したメディア


■導入事例紹介:サッポロビール株式会社様
今回は、サッポロビール株式会社様の導入事例を紹介させていただきます。

<1人1人のお客様のニーズを捉えたコミュニケーションを提供したい>
今までイベントに来場したお客様と接点を持てるのは、基本的には当日だけでした。その方々への接点を継続的にかつ手軽に持つ方法がないかと模索しておりました。

<お客様のストレスのない動線が導入の決め手>
チャットボットのコミュニケーションを通して、慣れ親しんだチャットの動線で1人1人のお客様の声を集めることができ、継続した接点も持てることが魅力でした。

<来場者へのニュース送信の既読率は78%、クリック率はメールの数十倍>
来場者の方には、Innovative Brewerのチャットボットが出すクイズを回答すると景品がもらえるという、オンラインとオフラインを組み合わせた企画を楽しんでいただきました。
後日イベント来場のお礼とともに送った、Innovative Brewer SECRET TAP(※)に関する記事の既読率も78%で、クリック率もメールとは比較できないほど高かったため、今後も定期的に情報発信を行っていきたいと思っております。

(※)Innovative Brewer SECRET TAPとは、11月27日までの期間で1000セット限定発売している一般発売前のビールの試作品を楽しめるセットです。

Innovative Brewer SECRET TAPの購入ページはこちら↓
(https://www.sp-mall.jp/shop/pages/S2/secret_tap_100_1005.aspx)


■株式会社チャットブックについて
Facebook・Instagram広告からの流入を会話で登録や売上に変える、様々な業種で使われているMessengerボットサービス「ChatBook」を運営。
ChatBookでは、広告をクリック後チャットボットが自動で応答。顧客が慣れ親しんだチャットで欲しい情報を見せ、目的のコンバージョンまで誘導します。広告がありふれた今だからこそ多い「顧客の消極性」にマッチするのが、ChatBookです。
当社はSalesforceからの出資を受け、米国Facebookから国産企業として初のプラットフォーム開発プロバイダーへ認定されています。

■注意事項
・すでに契約済みの企業様はキャンペーンの対象外となります。
・ご発注いただいた日付から30日間無料でご利用いただけます。
・1企業様につき、1企業アカウントのみ無料でご利用いただけます。
・最もよい効果をお届けするため、Facebook広告の運用はチャットブックが行います。
・初期費用が発生する場合は、別途お見積りすることがございます。
・ご利用に際して、事例掲載やインタビューをお願いすることもございます。
・カスタム対応がある場合は別途費用がかかることがございます。
・キャンペーンの期間は2018年12月21日までにご契約の企業様限定となります。
<例>2018年12月20日契約の場合、2019年1月18日まで無料期間となります。

◼︎会社概要
会社名: 株式会社チャットブック
代表者: 代表取締役 小島 舞子
設立: 2016年9月
所在地: 東京都港区六本木4-2-45 高會堂ビル2階
ウェブサイト: https://chatbook.ai/jp/

Wednesday, June 13, 2018

チャットブック、IT導入事業者に採択−中小企業は最大50万円補助−20日から二次募集開始

フェイスブックメッセンジャーでのお手軽マーティング自動化ツール「ChatBook.ai」が対象となります。

  株式会社チャットブック(本社:東京都港区、代表取締役:小島舞子、以下 チャットブック)は経済産業省委託事業における「サービス等生産性向上IT導入支援事業(以下 IT導入補助金)」において「IT導入支援事業者」に認定されました。導入企業様は営業支援、コンバージョン改善ツール「ChatBook.ai」の新規導入時に、最大50万円の補助金を受け取ることができます。




【IT導入補助金について】

・補助金対象者:日本国内に本社及び事業所を有する中小企業者等

・対象期間:1次公募期間 〜 2018年6月7日(木) 23:59まで
      2次公募期間 〜 2018年6月20から2018年8月上旬(予定)
      3次公募期間 〜 2018年8月中旬から2018年10月上旬(予定)

・補助金額:対象期間中に、弊社サービスを新規導入頂いた場合に、1事業者につき費用の1/2以内(下限15万円、上限50万円)の補助金申請をすることができます。

IT導入補助金制度の詳細については右記HPをご覧ください。https://www.it-hojo.jp/

「ChatBook.ai」導入に関するIT導入補助金適用については下記までお問い合わせください。
Email:contact@chatbook.ai

【チャットブックについて】

コンバージョン改善・営業支援ツールの「chatbook.ai」を運営。当社はSalesforceからの出資を受け、米国Facebookから国産企業として初のプラットフォーム開発プロバイダーへ認定されています。
フェイスブックと連携した自動応答チャットボットを簡単に作ることで、自動ウェブ接客・コンバージョン改善を図り、売上向上及び営業支援を行います。チャットブックでは、顧客になりそうな人を自動判定し管理者に通知し、フィルタリングの手間を省きます。
これにより、消費者が求める情報の素早い獲得と、企業のコスト削減と事業の効率化を目指します。
企業/ブランド/サービスの営業自動化・マーケティング・マーケットリサーチにご興味がある方は、以下のリンクかメールアドレスからお問い合わせください。

URL: https://chatbook.ai
お問い合わせ先: contact@chatbook.ai

Thursday, May 31, 2018

AWS Summit Tokyo2018


5月30から6月1日まで品川の東京プリンスホテル高輪で開催されているAWS Summit TOKYO2018にスタートアップ枠でチャットブックのAWS Summit にCEO小島、CTO楊が登壇しました。

会場はグランドプリンスホテル新高輪ランドプリンスホテル新高輪



会場にはAWS の最新テクノロジー動向や多種多様な業種や企業規模クラウドサービスを活用事例が数多くあり、ブースでセッションも実施されていました。


登壇では、CEO小島からチャットブック創設に関わる話、チャットブックのサービスについて、CTO楊からAWSを活用した解説がありました。
  



Monday, May 21, 2018

AWS SummitにCEO小島、CTO楊が登壇します!

今回、5月30日から6月1日に品川にて開催されるAWS Summit Tokyo 2018にチャットブックCEOの小島とCTOの楊がスタートアップ枠として登壇します。

実施場所:AWS Summit Tokyo会場(グランドプリンスホテル新高輪)内宴会場「飛天」 地下1階
登壇時間:①5/30 (水) 13:45〜、② 5/30(水) 16:15〜


昨年のAWS Summitの様子

AWS Summit とは世界 23 ヵ国以上 33 か所以上の都市で開催されている、アマゾン ウェブ サービス(AWS)に関する情報交換、コラボレーション、学習を行うことができる日本最大級のクラウドコンピューティングカンファレンスです。


Powered by AWS Cloud Computing

AWS Summit・セッション申し込みに関する情報はこちら


Sunday, May 20, 2018

株式会社ファインズ ChatBookのFacebookメッセンジャーを活用して新手の営業戦力始動! 

株式会社チャットブックは、株式会社ファインズ様(以下:ファインズ、本社:東京都渋谷区)の公式ホームページと公式FacebookページにてFacebookメッセンジャーを活用したチャットボットサービスの運用を開始したことをお知らせします。
今回のチャットボットの運用を通してファインズのサービスを幅広くお伝えするだけでなく、顧客のニーズに合ったサービス提供を行うことができます。


【ファインズについて】
創業10年で取引社数14,000を突破の今最も勢いのあるwebソリューションベンチャー。
webサイト、モバイルサイト制作やFacebook、Instagram、Twitter広告のみならず、ソーシャルログインオンライン予約システム『TSUNAGU』やリピーター獲得ツール『UMARU』など、多岐にわたるwebサービスを運営、提供しています。
ファインズによる発表(http://www.e-tenki.co.jp/news/20180508.html 
お問い合わせ
事業戦略本部 菊池 TEL:03-5459-4073
E-MAIL:contact@e-tenki.co.jp 

【チャットブックについて】
コンバージョン改善・営業支援ツールの「chatbook.ai」を運営。当社はSalesforceからの出資を受け、米国Facebookから国産企業として初のプラットフォーム開発プロバイダーへ認定されています。
フェイスブックと連携した自動応答チャットボットを簡単に作ることで、自動ウェブ接客・コンバージョン改善を図り、売上向上及び営業支援を行います。チャットブックでは、顧客になりそうな人を自動判定し管理者に通知し、フィルタリングの手間を省きます。
これにより、消費者が求める情報の素早い獲得と、企業のコスト削減と事業の効率化を目指します。

企業/ブランド/サービスの営業自動化・マーケティング・マーケットリサーチにご興味がある方は、以下のリンクかメールアドレスからお問い合わせください。
URL: https://chatbook.ai
お問い合わせ先: contact@chatbook.ai

Monday, March 26, 2018

チャットブックが「日本経済新聞」に掲載されました!

FBプラットフォーム開発プロバイダーに採択記事が「日本経済新聞」に掲載




チャットボット(自動対話システム)による営業支援を手がけるチャットブック(東京・港)は米フェイスブックが主導するプラットフォーム開発プロバイダーに選ばれました。

フェイスブックの法人向けサービスを使って効果的なウェブ接客などを行いたい企業との接点が増える見込み。プロバイダーは全世界で70社強あるが、日本に本社を置く企業が選ばれるのは初めてです。
(一部抜粋:日本経済新聞)



Facebookのプラットフォーム開発プロバイダーに「チャットブック」が認定

Facebookのプラットフォーム開発プロバイダーに「チャットブック」が認定

株式会社チャットブック(旧名:株式会社ヘクト)は、Facebookによるプラットフォーム開発プロバイダーに認定されました。

【概要】
プラットフォーム開発プロバイダー(Platform Development Providers)は2017年6月に発表さ
れた、Facebookによる、ビジネス企業がメッセンジャープラットフォームで最高の経験を生み出すための貴重なパートナーを掲載するディレクトリです。

このデジレクトリでは、企業がメッセンジャーに関する経験を積む専門のプロバイダーを見つけるためのリソースです。

このディレクトリを使用すると、企業は世界中のプロバイダと接続し、協力してメッセンジャーのビジネス成果を成功させることができます。




フェイスブックは、このディレクトリで各プロバイダーを「Automated Chat」と「Live Chat」に分類しており、チャットブックは「Automated Chat」に所属している。チャットブックは自動応答を行うことで、企業がリソースを抑え、効果的にビジネス展開できるようにしている。

プラットフォーム開発プロバイダー(Platform Development Providers)に関する詳しい内容はこちら(英):

https://messenger.fb.com/blog/new-resources-launching-to-help-businesses-and-developers-thrive-on-messenger/

【チャットブックについて】
コンバージョン改善・営業支援ツールの「chatbook.ai」を運営。
フェイスブックと連携した自動応答チャットボットを簡単に作ることで、自動ウェブ接客・コンバージョン改善を図り、売上向上及び営業支援を行います。チャットブックでは、顧客になりそうな人を自動判定し管理者に通知し、フィルタリングの手間を省きます。
これにより、消費者が求める情報の素早い獲得と、企業のコスト削減と事業の効率化を目指します。

具体的な企業/ブランド/サービスの営業自動化・マーケティング・マーケットリサーチにご興味がある方は、以下のリンクかメールアドレスからお問い合わせください。
URL: https://chatbook.ai
お問い合わせ先: contact@chatbook.ai


"ChatBook" listed in the Messenger platform development provider directory.

ChatBook, Inc. (former company name: Hecto) was listed as a platform development provider by Facebook Messenger.

【Overview】
The platform development provider directory was first released in June 2017, posted by Facebook as a resource for businesses to find providers that specialize in building experiences on Messenger.

The directory includes providers that offer bot automated and live chat solutions:

▪ Automated Chat: Help businesses leverage their existing resources and automate their replies so they can reach more people.

▪ Live Chat: Help businesses build relationships in real-time and respond to people right away, right where they are.

ChatBook belongs to the "Automated Chat" category. By making an automatic response from a bot, companies are reducing resources and enabling business development to be effective.

For more information on Platform Development Providers:

https://messenger.fb.com/blog/new-resources-launching-to-help-businesses-and-developers-thrive-on-messenger/

【About ChatBook】
Led by CEO Maiko Kojima, ChatBook provides marketing automation solutions based on Messenger bots which enables to convey conversation into conversions. It helps organizations accelerate the lead generation, evaluation, management, completion and analysis among customers, sales and marketing teams.

The company is privately-held and based in Tokyo. Learn more at chatbook.ai or drop us a line at contact@chatbook.ai

Monday, February 19, 2018

資金調達に関する各メディア様のまとめ


弊社の資金調達のプレスリリースを、様々なメディアにて取り上げていただきました。
(リリース順、敬称略)

The Bridge
http://thebridge.jp/2018/02/chatbook-seed-round-funding

日経経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO27075710Z10C18A2000000/

日刊工業新聞
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00462430

電子版2月19日トップ画


TechCrunch
http://jp.techcrunch.com/2018/02/19/chatbook/

Tech in Asia
techinasia.com/jp-funding-02-22-2018

ChatBook、資金調達を実施

~CRMを世界でリードするセールスフォース・ドットコムの投資部門Salesforce Venturesによる資金調達を通じ、営業支援・売上向上ソリューションとしての『ChatBook』の販売拡大を目指す~

 マーケティングオートメーションサービス「ChatBook」を提供する株式会社チャットブック(旧社名:株式会社ヘクト)(本社:東京都港区、代表取締役:小島舞子、以下ChatBook)は米国セールスフォース・ドットコムの投資部門であるSalesforce Ventures、既存株主のイーストベンチャーズ、YJキャピタルを引受先とする第三者割当増資により資金調達を実施いたしました。

 今回の資本業務提携により、ChatBookは、本年上旬を目安に、セールスフォース・ドットコムが提供するSFAサービス「Salesforce Sales Cloud」とChatBookを連携させることで、「企業の法人営業力を強化するソリューション」としての拡販を目指します。また、幅広い用途・顧客層に対応した新機能開発、営業体制の強化を推進する予定です。

 これに伴い、チャットブックでは今までお問い合わせに応じてのアカウント開放でしたが、本日からサービスをオープン化し、個人利用は無料、法人利用であればトライアル期間10日で利用できるようにします。

■資金調達概要

調達金額:非公開
調達方法:第三者割当増資
出資元:Salesforce Ventures、East Ventures、YJキャピタル

■株式会社セールスフォース・ドットコム Salesforce Ventures 日本代表 浅田慎二氏コメント
ChatBookは、メッセンジャーアプリの爆発的な利用を背景に、ホームページを持つ企業が課題とするリードジェネレーションを効率化するソリューションであり、今後大きな市場を創造していくと期待しています。チャットブックの経営者は、使いやすさに徹底したサービス開発のエキスパートであり、エンジニアでなくとも実用的なチャットボットを2ステップで作るという理念を掲げています。チャットボットを他の開発ツールで作ろうと登録したが、使い方がよく分からず結局リリースできていない、という方にぜひご利用いただきたいサービスです。
セールスフォース・ドットコムでは、今回の資本提携を通じて、Sales CloudとChatBookが連携することで、あらゆる業種・職種の営業組織の営業力向上に寄与してくれることを期待しています。
■ChatBookについて
ChatBook(https://chatbook.ai)は、営業支援・売上向上をお手伝いするウェブサービスです。
フェイスブックと連携した自動応答チャットボットを簡単に作ることで、自動ウェブ接客・コンバージョン改善を図り、営業の自動化及び顧客管理を行います。
これにより、消費者が求める情報の素早い獲得と、企業のコスト削減と事業の効率化を目指します。

今だけ10日間無料トライアル期間を実施しています。

《特徴》
・そのまま使えるテンプレートでワンクリックでチャットボット作成
・iPhoneシミュレーション、サンプル集、ライブテストなど初心者でも作りやすさに特化した豊富な機能
・ボット専用URLで簡単HP埋込
・見込みの高いリード顧客を自動判別し管理者に通知
・自動応答/ライブチャット切り替え機能による案件クロージング補助機能
・フェイスブック仕様のバージョンアップも即座に対応
・国産サービスとしての安心のサポート体制

■報道関係者お問い合わせ先

株式会社チャットブック
E-mail:contact@chatbook.ai

Tuesday, January 16, 2018

チャットブック運営の株式会社ヘクトが、社名を株式会社チャットブックに変更

チャットブック運営の株式会社ヘクトが、社名を株式会社チャットブックに変更


株式会社チャットブック(本社:東京都港区、代表取締役:小島舞子)は、「株式会社ヘクト」から「株式会社チャットブック(以下、チャットブック)」と社名変更しました
また、公式サイトを始め、チャットブックの提供サービスに関わる全てのWEBサイトもリニューアルいたしました。当社は、会社名を変更したことで心機一転し、より分かりやすいPRができるよう、当社ビジョンである「 チーム、企業、エンドユーザーの満足」の実現を目指して邁進してまいります。

■社名への思い
チャットブックとは、私達が作っているサービス「チャットブック」(chatbook.ai)の名称です。
チャットブックは、企業のウェブ接客のコンバージョンをチャットで高めるウェブサービスです。
自動応答するチャットボットについて聞いたことがあるけど、企業で導入できないと思っていたチャットボットを簡単につくれるのが、チャットブックです
私達は、チャットに関する知識が詰まったブック(本)であり、チャットでブック(予約・申込)できるようになる世界を作っていきたいと考えます
■ロゴへの思い
CEOがデザインした、ロゴはシンプルながら、Cがチャットメッセージの吹き出しになっていたり、Bが実は本を横に積み上げたデザインになっています





■株式会社チャットブックについて
チャットブックで、人々が簡単に自分のアイディアを実現できるサービスを提供していきます。
・社名:株式会社チャットブック
・事業内容:「chatbook」などのwebサービスの企画・開発・運営等
・設立年月日:2016年9月5日
・所在地:東京都港区六本木4–2–45 高會堂ビル2階
・代表者:代表取締役 小島舞子
・企業HP:https://chatbook.ai
■このプレスリリースのお問い合わせ(ボット)先
またはcontact@chatbook.ai

Thursday, December 7, 2017

WWNセミナー ビジネス・スキルとしての「営業力」 いきなり30億円セールスの「売る力」に登壇

WWNセミナー ビジネス・スキルとしての「営業力」
いきなり30億円セールスの「売る力」に登壇



代表取締役の小島がWWNセミナーにてビジネスプレゼンを行いました。



セミナーの詳細はこちら:
https://www.shinnihon.or.jp/seminar/wwn1207/